埋没毛を取除く方法

埋没毛とは脱毛や除毛をした後に皮膚の中に残る小さな毛の事です。埋没毛はなかなか取り除きにくく、非常に扱いが難しく女子の天敵となっているのですが

今回はこの埋没毛の取り除き方やケアの方法について調べて行きたいと思います。

埋没毛が出来てしまう原因

まず埋没毛の大きな原因となるのが、自分で剃毛したり脱毛したりすることによって皮膚が傷つき

そこに出来たかさぶたが毛穴を塞いでしまうことにより出来てしまいます。なので基本的に自分で脱毛の処理をしないことが大切です。

また安価な脱毛器を使ったり、毛抜きで無理に引っ張ったりするのも埋没毛になる原因なので気をつけましょう。

埋没毛の予防とケアの方法

埋没毛のケアを考える前に、まずは埋没毛にならないようにするに予防策を考えていきましょう。

まず無理な自己処理を行なわないことは勿論なのですが、自己処理を行った後にしっかりと保湿することによってある程度の予防はすることが出来ます。

また剃れないから。と言って何度も同じ箇所を剃ったりすることは皮膚を傷つけ埋没毛の原因になりますのでやめておいてください。

次に、もし埋没毛が出来てしまった時のケアの方法について考えましょう。ネットなどにはピンセットなどで抜いたほうが良い。などと書いていますがそれは間違った知識です。

実際にはそれ以上皮膚にダメージを与えないようにして自然に埋没毛が出てきてくれるのを待つほうが賢明です。

しかしどうしても取り除きたい場所に出来てしまった時は、お風呂に入った後の柔らかくなっている状態で行なう、ピンセットをしっかり消毒しておく、処置した後はしっかりと保湿しておく。など、それ以上埋没毛が悪化しないようには心掛けておいてください。

基本的にはケアをしながら放おっておくのが1番なのですがどうしても気になってしまう方は脱毛サロンに通うなどで処置をするようにしてください。

間違った埋没毛のケア

埋没毛を無理やり抜こうとすると炎症が起きてしまうだけでなく、色素沈着を起こす大きな原因になってしまいます。色素沈着が起きてしまうとシミが出来る大きな原因になってしまいますし、また新たな埋没毛が出来る原因になります。

なのであまり自分でいじくり回すよりもエステにいったりケアをしながら自分で治癒していくほうが良いと思われます。正しいケアで綺麗なお肌を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です