体毛だって必要なんですよ!

女子にとって体毛は剃らなければいけない敵です。

もうすぐ夏が始まるので脱毛に力を入れている方も多いのではないでしょうか?

そんな体毛ですがどうして生えてくるんだろう。生えてきてほしくない。とずっと思っていました。

しかし今回その体毛の仕組みや役割を調べてみることにしました。

無駄じゃない。体毛の役割

ムダ毛。と呼ばれるように剃る対象でしかなく非常に煩わしい体毛ですが、生えてこなければ生えてこなかったで色々問題があるみたいです。

人間の身体から生えている体毛は約150~200本ほどの体毛が生えているといいます。

改めて数字にしてみると凄い数だということが分かりますよね。これらが見た目を悪くする原因であり、ムダ毛だと言われる毛です。

しかしこのムダ毛。ムダ毛と言われているだけで本当に重要な役割を担ってくれています。

その役割は外からの紫外線をカットして守ってくれるだけではなく、体温を一定に保つ、保温・断熱機能もあります。

他にも体内にある毒素を毛を伝わせて排出してくれていたり、肌に触れる前に毛に触れることによって、刺激を察知する感覚機能が付いていたりと色々な効果があります。

言わば今まで私達が無駄だ無駄だと言っていたムダ毛は色々なものから自分の体を守ってくれる鎧のような役割を果たしてくれているんです。

ムダ毛を残しておくのはあまり良いとは言えないですが過度に毛を剃ってしまうと皮膚を守る鎧が壊れてしまうので気をつけましょう。

体毛のあれこれ

実は体毛とは皮膚が変化したもので3分の2が皮膚に埋まっているんです。そして外に出ている毛を毛幹。皮膚の中に埋まっているものが毛根と言うふうに分けられます。

体毛の濃さはホルモンのバランスによって個人差があり、男性ホルモンが多く分泌されればされるほどに体毛は濃くなっていくんです。

そして人間の身体はアンドロゲンと言う男性ホルモンとエストロゲンと言う女性ホルモンの両方を持ち合わせています。

アンドロゲンは眉毛から下の体毛を作り、エストロゲンは頭髪の成長を促進していてそれぞれが違う役割で働いています。

最後に体毛には1本1本生えかわるサイクルがありこれを毛周期と呼びます。

毛周期は身体の部位によってサイクルが異なり、身体の部位によって生え変わるサイクルも違いますし毛の長さや固さも変わってきます。

脱毛する際は毛周期を把握しておくことが大切なので、自分の毛周期を把握しておきましょう。

何かと嫌がられる体毛ですが人間が生きていく上で大切なものなので剃りすぎには注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です